葉酸で妊娠しやすい体になりたい!

葉酸って、妊娠しやすいサプリかどうか、気になりませんか?

 

葉酸やマカを飲むと、「妊娠しやすい体になれる」と、聞いたことのある方は多いと思います。

 

妊活中の方にとって、葉酸やマカの効果は、とても気になりますよね。

 

そこで、このサイトでは、葉酸やマカの効果や、おすすめサプリの比較について、詳しくご紹介していきます。

 

葉酸と妊娠

 

妊婦

 

葉酸には、ホルモンバランスを整えたり、貧血防止の働きがあります。これは、妊活中の女性に嬉しい成分。

 

さらに、葉酸には、細胞の分裂や増殖を促す効果もあるため、子宮内膜を厚くするなど、受精卵が着床しやすい環境を整えてくれるといわれています。

 

妊娠しやすいカラダ作りに効果があるといえますね。

 

葉酸の効果

 

また、葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを、低減してくれることが研究で明らかになっています。

 

厚生労働省からも「妊娠前から摂取」するよう、正式に奨励されている成分です。

 

妊娠がわかってから、「まだ葉酸飲んでなかった…!」と、後悔しないよう、妊活をはじめたら早めに飲み始めることをおすすめします。

 

葉酸サプリを飲むことで、「これで、いつ妊娠しても大丈夫!」という安心感を持てることも、妊娠しやすいメンタルに繋がります。

 

マカと妊娠

 

マカは「妊活の王様」と呼ばれている成分。

 

マカといえば、男性の精力剤・滋養強壮というイメージが強いかもしれませんが、女性のホルモンバランスを整えてくれる効果もあるんです。

 

アルギニンをはじめとした良質のアミノ酸やミネラルを、バランスよく豊富に含んでいるため、疲労回復や美容にも効くスーパーフード。

 

マカの効果

 

女性の更年期障害や、ストレスが引き起こす若年性更年期障害に対して、マカが有効だという研究結果も発表されています。

 

男性・女性ともに不妊に悩んでいる方は、マカを飲んで体質改善してみるといいかもしれません。

 

おすすめの葉酸・マカサプリ

 

いま、ベビ待ち中の女性に人気の葉酸、マカサプリをご紹介します。

 

葉酸サプリは妊娠前から妊娠後まで飲み続けるサプリメントですので、成分の他に、飲みやすさ、続けやすさもチェックしてくださいね。

 

葉酸とマカを一度に摂るなら、「makana(マカナ)」

 

マカナ

 

葉酸とマカを、同時に飲みたいなら、“妊活専門の管理栄養士”が作ったオールインワン妊活サプリ「makana(マカナ)」がおすすめです。

 

葉酸1日の必要量400μgをはじめ、マカ、金時しょうが、ルイボスティー、スーパーフードのスピルリナなど、8大妊活成分をすべて配合。

 

しかも「makana(マカナ)」に配合されているマカは、稀少な日本産マカ100%なんですよ!

 

普段なかなか摂れない22種類の野菜成分や青魚成分DHA・EPAの他に、妊活中のイライラ対策に「GABA」も配合されています。

 

男性の妊活に有効な「亜鉛」もたっぷり5mg配合されていますので、夫婦で一緒に飲むのもおすすめです。

 

「makana(マカナ)」の成分

 

妊活中に摂りたい成分はこれひとつでOKなので楽チンですね。

 

詳しくはこちらをチェックしてみてください!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

葉酸サプリ売上、満足度、人気度第1位!「ベルタ葉酸サプリ」

 

ベルタ葉酸サプリ

 

かわいいボトルも魅力な「ベルタ葉酸サプリ」は、売上、満足度、人気度ともに1位と、妊活中のプレママに絶大な人気を誇る葉酸サプリです!

 

発売中の妊活雑誌にも多数掲載されています。

 

妊活スタートBOOK掲載のベルタ葉酸サプリ

 

「ベルタ葉酸サプリ」は葉酸1日の必要量400μg(マイクログラム)の他に、ビタミンミネラル、鉄分、カルシウム、コラーゲンなどの美容成分まで配合された、女性に嬉しいサプリ。

 

ベルタ葉酸サプリの成分

 

葉酸サプリの中にはサプリメント特有のにおいがするものもありますが、「ベルタ葉酸サプリ」はほとんど無味無臭なので、つわりが心配な妊娠中の摂取も安心!

 

私も定期コースで飲み続けていますが、サプリの粒も小さいので、とても飲みやすいですよ。

 

こちらから、詳細をチェックしてみてください!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

★なお、「ベルタ葉酸サプリ」と「makana(マカナ)」には、どちらにも1日の必要量に相当する葉酸(400μg)が配合されています。

 

一度に両方を摂取してしまうと過剰摂取となりますので、もし購入される場合はどちらかひとつにしてくださいね。

 

妊娠しやすいサプリについて、もっと詳しく!

 

当サイト「妊活おすすめサプリ手帖」では、葉酸を飲むと妊娠しやすいのかどうか、葉酸の成分や選び方、効果的な飲み方、副作用など、葉酸についてのあれこれをまとめています。

 

ぜひこのサイトを参考して、妊活に積極的に取り組んでいきましょう!

 

 

葉酸サプリで妊娠しやすい体になる効果とは?

葉酸サプリを持つ子供

 

葉酸に妊娠しやすい効果があるといわれており、注目されていますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

 

まず、妊娠には着床というプロセスが必要になります。着床とは、受精卵が子宮内膜に根付き妊娠に結びつくことです。いくら卵子と精子が受精しても、子宮内膜に定着する着床が成功しなければ妊娠には至りません。

 

葉酸には子宮内の血流を促進する効果と子宮内膜強化の働きがあり、着床を促進しさらに着床後の受精卵の成長も正常になります。そのため、葉酸には妊娠しやすい効果があるといえます。

 

葉酸の成分や含まれる食品

葉酸の成分は水溶性ビタミンB群の一種で、レバーや枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリーといった緑黄色野菜やいちごなどに含まれています。

 

葉酸サプリの種類と選び方

葉酸サプリは、様々な会社から発売されていますが、代表的な物は「ベルタ葉酸サプリ」「はぐくみ葉酸」「AFC葉酸サプリ」です。

 

選び方のポイントには以下のようなものがあります。

 

  • 厚生労働省が推奨している400μg(0.4mg)の葉酸が摂取できること
  • 天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリであること・ビタミンB12が配合されていること
  • 化学合成添加物が無添加であること
  • 放射能チェックをしっかり行っていること

 

葉酸サプリの摂取方法と摂取量

葉酸サプリの摂取方法は、胃の弱い方には胃の負担を抑えるために食後、葉酸を効率的にとるには食間がおすすめです。摂取量は過剰摂取を防ぐため、20代女性は900μg(マイクログラム)、30代女性は1000μg(1mg)以下とされています。

 

葉酸サプリの副作用

葉酸の副作用については、食事から摂取した場合調理などで50%の成分が失われてしまうといわれています。

 

たとえば、茹でたほうれん草3分の1束(100g)には葉酸が110μg、茹でたブロッコリー3分の1株(100g)には葉酸が120μgというように、過剰摂取になることはほとんどありません。

 

しかし、サプリメントで過剰摂取した場合には、副作用のリスクがあるといわれています。過剰摂取した場合の副作用には、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症などがあげられます。

 

葉酸サプリメントは過剰摂取にならない範囲内で1日の摂取量が決められているので、摂取量を守れば副作用が起こることはありません。葉酸を摂取すると妊娠しやすいとはいっても、決められた用量は守るようにしましょう。

 

野菜サラダ

 

不妊の原因

昔は、不妊の原因は女性側ばかりにあると思われていましたが、最近では男性の精子が減少していることなどを例に挙げて、男性側にも不妊の原因があることが知られています。

 

ですから不妊に悩むようになったら、男性は男性なりの不妊改善になるものを探してみましょう。そして女性も女性なりの不妊改善になるものを探すようにしましょう。

 

特に女性の場合は、女性ホルモンのバランスが影響していることも多いので、女性ホルモンのバランスが乱れているのであればそれを正すことが最優先です。

 

生理の周期を正すようにしたり、女性ホルモンのバランスを良くする食べ物などにも注目して、妊娠しやすい体づくりを心がけてみましょう。

 

葉酸サプリの効果は精子を元気にし、受精卵の着床をしやすくすること

現在は、厚生労働省で葉酸サプリを推奨するようになり、多くの産婦人科でも葉酸サプリの摂取を勧めています。

 

妊活といっても、流産してしまったりなどスムーズに進むことばかりではありませんが、そんな時にも葉酸サプリはおすすめです。

 

葉酸サプリには、質の良い卵子や精子を作る働きがある栄養素が多く含まれていますので、受精しやすく妊娠しやすい状態を作ります。

 

また、受精卵の着床にも良い影響を与えてくれますので、健康な赤ちゃんが生まれる確率も高まるという良い影響があるのです。

 

受精卵の着床について

妊娠は、受精卵が着床して初めて起きるもので、受精卵のすべてが妊娠につながるわけではありません。

 

卵子と精子が結合すると、1週間から10日ほどで受精卵として子宮内膜に到達します。そこで根を張ると、母胎と受精卵とがつながり、着床ということになるのです。

 

実際には着床につながらない受精卵もあるわけですが、葉酸サプリを摂取して入れば、着床率もかなり上がるといわれています。

 

また、無事に着床して妊娠状態になってからも、葉酸は血液を生成する手助けをしたり、新しい細胞の生成も行ったりしてくれますので、葉酸サプリを妊娠中にも摂取することをおすすめしています。

 

葉酸サプリとマカを男性、女性それぞれが摂取した場合

女性は貧血などの鉄不足に悩まされることも多いので、丈夫な体つくりのための葉酸サプリを利用してみても良いでしょう。女の人と男性では体のつくりが違うので、同じものを摂取しても効果の違いが出てくるというのも理解する必要があります。

 

特に男性の場合は、体調を乱さないことやストレスを溜めないということも大事ですが、体力を維持しておくということが必要です。ですから男性不妊を解決し、妊娠しやすい状態になりたいのであれば、マカを使用するようにしても良いでしょう。

 

マカは精力維持をするのにも効果的です。中年の域に達していなくても、毎日仕事で疲れているような人であれば、マカの効果を感じることもできるでしょう。

 

また、マカは男性だけでなく女性にも使用することができます。女性も疲れがたまっていると、心も体にも余裕がなくなり不妊になりやすくなりますので、妊娠しやすい状態とはいえません。マカは男女ともにおすすめできるサプリです。

 

葉酸サプリが男性の精子に与える影響

男性の精子が少ない症状を、乏精子症と呼びます。この症状によって、妊娠する確率が低くなるといわれています。

 

また、精子無力症では精子の質が下がるので、受精しないだけでなく、仮に受精しても染色体に異常がある精子は定着しにくくなります。精子に異常があると、生まれてくる赤ちゃんにも染色体異常が発症し、ダウン症などになる確率が高まります。

 

こういったことを防ぐため、最近では、男性も葉酸サプリを摂取し、精子の染色体異常を防ごうとする方が増えてきています。

 

精子の生存能力を高める栄養素は、ビタミンAとビタミンEといわれており、特にビタミンEを摂取すると、ホルモンを生成する機能ふが高まったり、精巣の委縮が予防されるといわれています。

 

このように、葉酸によって精子の遺伝情報が正常に形成される効果がありますので、男性も積極的に葉酸サプリを摂取することをおすすめします。

 

葉酸サプリが女性の卵子に与える影響

葉酸には、受精卵を強化してくれる効果があるとされていますが、これは、葉酸によって子宮内膜が厚くなるので、きちんと着床できる状態になるためです。このことによって、流産のリスクも減少します。

 

また、葉酸は妊娠しやすい状態を作るばかりでなく、造血作用のあるビタミンといわれます。常に血液をつくる必要のある女性の体には必要不可欠なものであるといえるでしょう。葉酸は、不正出血などに悩まされている女性にも効果があります。

 

さらに、卵子のクオリティを高めるためには抗酸化作用の強いビタミンEが不可欠といわれますが、葉酸サプリを摂取すれば、このビタミンEも補えます。

 

ビタミンEは卵子の老化を防ぐだけでなく、生理不順などを改善する働きもありますので、積極的に葉酸サプリを摂ることをおすすめします。

 

幅広くサプリをチェックしよう

サプリは美容目的のものもあります。なじみがあるものはビタミン系であることも多いですが、妊娠しやすい健康的な体を作るには、サプリも幅広くチェックすることが必要です。また、内容量だけでなく、成分が体によいかどうかも細かく見ておきましょう。

 

葉酸サプリと薬

 

葉酸サプリの妊娠初期と中期におけるそれぞれの効果

妊娠しやすい体づくりだけのためでなく、葉酸は、妊娠後も有効です。葉酸サプリの妊娠初期と中期における、それぞれの効果や摂取量はどのようなものなのでしょうか。以下の表にまとめてみました。

 

妊娠の時期 妊娠初期 妊娠中期
葉酸サプリで得られる効果 妊娠をしたら葉酸サプリを摂ることが良いといわれていますが、その期間はいつまでと思う人もいます。妊娠1ヶ月から3ヶ月の妊娠初期の間に脳や脊髄の成長がうまくいかなくなって二分脊髄、無脳症などとなって流産となることが多いのです。

そのような流産は、葉酸によって脳や脊髄の成長が行われることで奇形となるのを防止することが可能となるので、葉酸や葉酸サプリを摂取することで先天性奇形による流産が予防できるといわれています。実際に妊娠初期の間に葉酸サプリなどでしっかりと葉酸を摂った人には流産と奇形のリスクが低くなるとの研究結果が報告されています。

妊娠中期の頃にも葉酸サプリで葉酸を摂取することがすすめられます。血液を通して胎児に酸素や栄養を与えることで貧血になりやすいのです。妊娠をした人の30%?40%の人に貧血症状があるといわれます。

貧血を予防するのに欠かせないのが葉酸です。妊娠初期の葉酸は胎児の成長に必要となり、妊娠中期からは主に母体のためといえます。
妊娠中期になると肌のかさつきやシミが気になるようにもなります。そのような時にも葉酸は効果的な働きをします。葉酸を葉酸サプリなどで充分摂っていることで病院で治療が必要となる貧血を予防することができます。

葉酸サプリの摂取量 その期間の摂取量は1日400μg摂ることで二分脊髄や無脳症などの神経管閉鎖障害の発生リスクが7割?8割下がるといわれます。それは同時に、流産のリスクも下がる効果となります。 厚生労働省によると18歳?48歳の女性に必要な葉酸は1日240μgとなっています。しかし、妊娠をしている場合の必要量はその倍の1日480μgをすすめています。

葉酸は水溶性であり、また、熱に弱い性質をもっているために、毎日の食事から必要量の摂取は難しくなっています。それですすめているのが葉酸サプリです。妊娠初期と同じように妊娠中期もまた、妊娠後期にも葉酸サプリは1日400μgがすすめられている摂取量です。

 

マカを飲むと妊娠しやすいの?

マカの効果とは

マカには植物性エストロゲンという成分が含まれています。この植物性エストロゲンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするので、それが女性ホルモンの働きを整えてくれるといわれています。

 

植物性エストロゲンによって女性ホルモンのバランスが整えられると、生理周期も順調に整えられるため、排卵機能も正常になります。このように、マカを摂取すると女性の生殖機能が整えられるので、妊娠しやすい状態になる可能性が高まります。

 

また、冷え性は不妊の原因の一つといわれていますが、マカも葉酸とおなじく血行を改善する効果があるので、妊娠しやすいばかりでなく冷え性の改善効果もあるといえます。

 

葉酸とマカは併用できる?

葉酸とマカを併用すると、妊娠しやすい状態が作りやすくなり、妊活や不妊治療に非常に効果が高くなるといわれています。

 

マカの効果は上記でも述べましたが、サプリメントで葉酸とマカを併用して摂取する場合には、注意すべき点があります。それは、それぞれの栄養素の過剰摂取です。

 

ほとんどのサプリメントには複数の栄養素が含まれていますので、葉酸とマカのサプリメントを併用して摂取する場合には、サプリメントに配合されている栄養素の摂取量に注意する必要があります。

 

葉酸の一日あたりの推奨摂取量の上限は1000μgまで、また、マカの一日あたりの推奨摂取量は1000〜3000mgとされています。

 

葉酸を過剰摂取すると、胎児がアレルギー体質になったり、喘息になったりする確率が高まるというデータがあります。最近では、葉酸とマカを一つにまとめたサプリメントもありますので、これらを活用することもおすすめです。

 

妊娠しやすい体になるには?

妊活中の女子

 

赤ちゃんが欲しいのに、なかなか授からないとお悩みの女性も多いのではないでしょうか。妊活という言葉も生まれ、妊娠に向けて積極的に取り組む女性も増えてきました。

 

不妊の原因は男性、女性ともに様々で、治療で改善できるものもあれば、治療の必要はなくても体質の改善が必要だったり、精神的なストレスが原因になっている場合もあります。

 

妊活に効果的な食品5つ!

女性の場合、体の冷えやホルモンバランスの乱れも妊娠しにくい状態を作ります。より妊娠しやすい体を作るために、食べ物や飲み物に気を付けることが必要です。そこで妊活に効果的な食品を5つ挙げてみましょう。

 

  1. まず冷えを改善して妊娠しやすいカラダにするために、効果的な食品といえば生姜(しょうが)です。ドリンクタイプのものも最近は多く出ていますから、仕事の合間に食事と一緒に、手軽にとることができます。
  2. 卵子の質をよくする食べ物としては、かぼちゃがおすすめです。かぼちゃに含まれるβカロチンには卵子の質を悪くする活性酵素の働きを抑えてくれる働きがあります。
  3. 基礎代謝を整える食品としては、納豆があげられます。血液をサラサラにして、子宮に栄養をいきわたらせやすくしてくれます。納豆は大豆から作られていますから、良質なタンパク質やミネラルがたっぷりとることができます。
  4. βカロチンを取れる緑黄色野菜を入れたお味噌汁、など組み合わせるとさらに効果的です。
  5. 5つ目の食品としては、山芋です。妊娠しやすい体を作るために、疲れをためないことが大切です。そのため疲労回復に効果のある山芋がおすすめです。山芋に含まれるねばねば成分のムチンが疲労回復を促進してくれます。

     

    他にもオクラやモロヘイヤも効果がありますから、山芋とオクラとモロヘイヤのネバネバサラダはいかがでしょうか。

 

このほかにも効果のある食品はいろいろあります。お好みの食材を組み合わせて、毎日の食事に取り入れ、体の調子を整えて、妊娠しやすい体つくりに取り組んでみてください。

 

妊娠中の女性

 

妊娠しやすい体質になるために

ストレスをコントロールすること

妊娠しやすい体質としにくい体質では、病気以外の原因としてストレスが大きく関係しています。

 

ストレスは誰にでもあるものですが、ストレスに弱い人は妊娠しにくいとされています。これはホルモンバランスが関係しておりストレスによってホルモンバランスが乱れることで妊娠がしにくくなります。

 

それを踏まえて妊娠しやすい体質になるには、ストレスを発散させることのできるリラックス方法や運動などを行うことがオススメです。

 

妊娠しやすい日や時期は?

また、妊娠するためには妊娠しやすい時期を把握しておくことも大切です。生理は約28日周期できますが、生理前には必ず排卵が起こります。生理後14日前後が排卵日で、最も妊娠の可能性が上がるとされてています。

 

確実に排卵日かどうかを調べるためには、基礎体温を毎日測って記録していくことで、自分の体のリズムがわかるようになります。

 

基礎体温は生理周期に合わせて変化し、体温が低い低温期と体温が高くなる高温期に分かれています。妊娠していれば、体温を高める働きのあるプロゲステロンという女性ホルモンが増え、基礎体温が高温期を維持します。

 

排卵日を調べるだけではなく妊娠を知るためにも、基礎体温をつけておくことは重要なことになります。

 

体温をチェック

 

体温をチェックする女性

 

妊娠するために、体温はとても重要なものです。体が冷えやすい冷え性の人が妊娠しにくいこともわかっています。

 

冷え性の人は、偏った食事や運動不足などで体の中の血流が悪くなっている状態です。そのため内臓などにも血液がスムーズに循環しないため、体が危機を感じている状態ともいえます。

 

体は危機感を感じて生命を優先するために、心臓や内臓に血液を優先的に送ろうとします。子供を産むための機能は後回しになることで、妊娠しにくくなるのです。

 

必要な栄養素は?

葉酸は、体の冷えを改善してくれますし、妊娠中にも必要な栄養素です。バランスの良い食事と運動、ストレスの発散などが、妊娠しやすい体質作りにつながります。